※最後までお読みください

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓


結論を先に書きますと、アイフルよりも明らかに各種スペックが高く、本当におすすめできる消費者金融はプロミスです!
このページでは、アイフルとプロミスを比較して、よりおすすめできる消費者金融がプロミスであることをわかりやすくご紹介しますので、是非お読みください。


消費者金融を利用しようと考えた時に、どこの消費者金融を利用するかを決めるのが最初に重要となるポイントです。

そこで、消費者金融の中でも特に人気のプロミスとアイフルについてあらゆる角度から比較・分析して、一番おすすめ出来る消費者金融としてご紹介しようと思います。

消費者金融ではSMBCモビットやレイクアルサ、そしてアコムといった会社も有名ですが、実際の利用者数や申込数から判断するとプロミスとアイフルが特に人気のある2社と言えるでしょう。

プロミスもアイフルも消費者金融の大手として圧倒的な知名度と人気を誇っており、老若男女あらゆる世代・性別問わずに利用されています。

プロミスとアイフルのカードローンは、審査や融資までの時間が本当に早くてスピーディーに完結しますので、急な出費で今すぐお金が必要になっている方にも選ばれています。

プロミスでもアイフルでも、一定期間の利息がかからない無利息サービスもあります。
無利息サービスを利用することにより、短期で返済をする場合は低金利の銀行カードローンよりも、実質的に利息の支払い負担を抑えることが可能です。

そんなプロミスとアイフルを比較して、2社それぞれの特徴からメリット・デメリット等を明確にしていきます。

プロミスとアイフルでは、どちらが本当に一番おすすめの消費者金融なのでしょうか?

プロミスとアイフルの比較

金利

消費者金融各社の金利について見てみると、実質年率○○%~○○%と幅のある書き方がされています。
これは借り入れをした人が、しっかりと返済をしていくことで金利が下がっていったり、借入可能額が増額していったりしますので、初めて利用をされる方の場合は、各社が設定している上限金利での借り入れとなると考えておくのがよいでしょう。
また借入可能額も特別な状況でなければ、数十万~が設定されるものだと考えておくのがよいでしょう。

それではプロミスとアイフルの上限金利(一番高く設定される金利)をみてみましょう。

アイフル:3.0%~18.0%
プロミス:3.0%~17.8%

この通り、プロミスの設定の方が数字上は少しですが低く設定されてます。
少々の差に見えるかもしれませんが、この差で返済額が変わってきますので、とても重要な部分です。
ちなみに、利息制限法では10万円~100万円未満の貸し付けには最大で18%までの金利しか認められていませんので、アイフルの18%というのは実質的に最大の設定値になっています。個人的には良い印象ではありません。

金利の点で、まずはプロミスが1勝です。

審査の早さや審査対応時間について

プロミスもアイフルも審査の早さについては両社の利用者からの評価が高いです。
この審査の早さについては、申込者の信用情報による影響が大きいので、どちらが優れているかを判断するのが難しいのですが、審査の対応時間には違いがあります。

審査の受付時間は両社ともにウェブであれば24時間受付をしています。
しかし、24時間審査をしている訳ではなく、審査に対応している時間は以下の通りです。

プロミス(平日・土日・祝日)・・・9:00~22:00
アイフル(平日・土日・祝日)・・・9:00~21:00

プロミスの方が1時間審査に対応している時間が長いので、会社帰りに申込みをしたい方や日中は忙しい方でもプロミスであれば少しでも早く融資を受けるチャンスが1時間分早まります。
実際に審査結果の連絡を受けられるのは21時までですが、仮にそれ以降の時間に申込みをしたとしても22時までに審査に通過しておけば翌日の営業開始の直後に手続きが進められます。アイフルであれば翌日の9時から審査を開始しますので、急いでいる方であればプロミスの方が早く借り入れが出来る可能性が高いです。

これでプロミスが2勝目です。

無利息サービスについて

プロミスもアイフルも初めて利用をする方の場合、無利息サービスを利用することが出来ます。
この無利息サービスにも違いがあります。

アイフルの無利息サービスは、契約日の翌日から30日間が無利息となります。
プロミスの無利息サービスは、初回出金日の翌日から30日間が無利息となります。

似たような表現ですが、ここには大きな違いがあります。
アイフルの『契約日の翌日から30日間が無利息』になるといのは、文字通り審査申し込みをして無事に審査通過後に契約をした日の翌日から30日間までの期間の利息が無利息になるという意味です。

プロミスの『初回出金日の翌日から30日間が無利息』になるといのは、アイフルとは違い契約日の翌日からではなく、初めてお金を借りた日の翌日から30日間の利息が無利息になるという意味です。

ですので、プロミスの場合は契約日にすぐにお金を借りる人だけでなく、契約日に急いでお金を借りなくても、その後にお金を借りる人にとっても最初の借入の30日間が無利息になりますので、この無利息サービスを無駄なく利用することが出来るという点でメリットが大きいです。
(※無利息サービスのご利用の際には、メールアドレスの登録とWeb明細を利用する必要があります。)

文句なしでプロミスの3勝目です。

自動契約機(無人契約機)の数について

プロミスでもアイフルでも初めてご利用するには事前に審査に通過をして契約をする必要があります。
両社ともウェブ完結で申し込みから契約までをウェブ上で済ませることも出来ますが、申し込みはウェブでして審査を通過後に契約機で契約をしてすぐにお金を借りるという流れを踏む方が多いので、自動契約機(無人契約機)が多ければ近くで見つけられる可能性が高い分、利便性が良いと考えられます。

アイフル:アイフルの場合は無人契約ルームを全国に設置しています。
プロミス:プロミスの場合は自動契約機を全国設定しているのはアイフルと同じですが、それだけでなく三井住友銀行ローン契約機(ACM)での契約にも対応しています。

単純に自動契約機(無人契約機)の数だけを比較しても、
アイフル:全国865台(2018年9月現在)
プロミス:全国1100台以上
となっており、圧倒的にプロミスの圧勝となっています。もちろんプロミスの自動契約機の設置数は消費者金融で一番多い数となっています。

これでプロミスの4勝目です。

提携ATMについて

実際のご利用時の利便性に直結するのが利用が出来る提携ATMの豊富さです。

編集
提携先ATM
アイフル 【金融機関ATM】
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・親和銀行
・福岡銀行(借入れのみ)
・熊本銀行(借入れのみ)【コンビニATM】
・イオン銀行
・セブン銀行
・ローソン銀行ATM
・E-net
・ファミリーマート Famiポート(メディア端末での返済)
・ローソン Loppi(メディア端末での返済)
プロミス 【金融機関ATM】
・三井住友銀行
・ゆうちょ銀行
・三菱UFJ銀行
・西日本シティ銀行
・横浜銀行
・東京スター銀行
・第三銀行
・福岡銀行
・熊本銀行
・親和銀行(借入れのみ)
・広島銀行(借入れのみ)
・八十二銀行(借入れのみ)【コンビニATM】
・セブン銀行
・イオン銀行
・E-net
・ローソン銀行ATM
・ファミリーマート Famiポート(メディア端末での返済)
・ローソン Loppi(メディア端末での返済)
・ミニストップ Loppi(メディア端末での返済)

これも一目瞭然でプロミスの方が充実しているのがわかります。

プロミスの5勝目です。

まとめ

ここまでの内容をお読みいただければ書くまでもないのですが、
プロミスとアイフルを比較した場合に当サイトでおすすめしているのは圧倒的にプロミスです。

消費者金融を利用する際にチェックしておくべき5項目
・金利
・審査の早さや審査対応時間
・無利息サービス
・自動契約機(無人契約機)の数
・提携ATM(利便性)
について、全ての項目で当サイトではプロミスが優れていると判断します。

女性に断然おすすめ【レディースプロミス】↓




プロミス
PAGE TOP