アイフル増額申し込みをご検討の方へ!アイフル増額は土日も可能か?増額の仕方や期間、電話連絡などについて解説します。

アイフルといえば、CMでもお馴染みの大手消費者金融ですよね。

 

アイフルは非常に有名な消費者金融ですから、こちらの消費者金融を既にご利用の方も多いはずです。

 

しかしながら、利用していると言っても、アイフルのサービス内容をすべて把握されているという方は少ないかと思います。

 

よって、こちらの記事ではアイフルの増額(増枠)を検討されている方のために、アイフルの増額について解説していくことにしました。

 

もし、アイフルの増額(増枠)で分からないことがありましたら、こちらを参照して頂ければ幸いです。

 

アイフル増額(増枠)Q&A

 

増額の申請方法はネット、電話、メールから可能ですか?

アイフルで増額(増枠)する場合、その申込み手続きの方法はどのような方法があるのでしょうか。

 

アイフルの場合、増額(増枠)はアイフルの会員サービスにログインすることで申込みをすることができます。

 

PCやタブレット、スマートフォンなど、インターネットで申込みをする環境がない場合は、電話やアイフルの店頭窓口、あるいは自動契約機からも申込みも可能です。

 

ただし、アイフルで増額(増枠)をすることを検討するときは、同時に他の消費者金融や銀行カードローンの金利についても検討しておいた方が良いでしょう。

 

たとえば、アイフルよりもアコムやSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスの方が無利息キャッシングサービスが利用できる分、金利自体はお得ですし、アイフルで増額(増枠)して今ある借金を一つにまとめてしまいたい、という場合は、銀行カードローンを利用して借金一本化をした方が月々の返済額や総返済額を抑えることができます。

 

銀行カードローンで借金一本化をお得にしたい、返済額を大幅に減らしたい、という方には、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』の利用がおすすめです。

 

バンクイックは、銀行カードローンの中でも最高クラスの低金利で利用ができること、東京など都市にお住まいの方だけでなく地方在住の方でも使えるということがメリットとして挙げられます。

 

他にも、バンクイックは多くのカードローンとは異なり、提携ATMの借入・返済手数料が無料というのも強みの一つです。

 

バンクイックは、安定収入を持っていればアルバイトやパート、派遣社員や自営業の方も利用できる可能性が高いので、審査が心配という方も安心して借入の申込みができるのではないでしょうか。

 

アイフルでも増額(増枠)は可能ですが、消費者金融や銀行のカードローンのサービス内容についても把握しておくと、更にお得な借入ができる可能性もあるでしょう。

 

プロミスとバンクイックの詳細について気になる方は、↑のリンクからそれぞれのカードローンのサービス内容をまとめたページを閲覧できますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

増額Q&Aに戻る

 

アイフルの増額の必要書類は何ですか?収入証明書類は必要でしょうか?

アイフルの増額(増枠)にはどのような書類が必要となるのでしょうか。

 

アイフルで増額(増枠)したい、という方は既に借入をしている方ですので、増額申請については再び運転免許証や保険証などを提出することはありませんが、収入証明書類については提出する必要があります。

 

アイフルの増額(増枠)に必要な収入証明書類は、直近2か月分の給与明細書や賞与明細書、確定申告書などのうちいずれかとなりますので、アイフルで増額(増枠)の申込みを検討している方はこれについて念頭に置いておくのが良さそうです。

 

収入証明書類が審査に必要になるのは、時間がないときは大きな手間ですよね。

 

収入証明書類をどこにしまったか忘れていて、家の中を探し回って大騒ぎになるような場合もあるでしょう。

 

収入証明書類を用意するのが面倒くさい、という方はアイフルの他に別の消費者金融からお金を借りるという選択肢を選ぶのもアリかと思います。

 

たとえば、アコムやプロミスの場合は、借入したい希望額とアイフルや他の会社からの借入金の合計が100万円を超えなければ、収入証明書類を提出する必要はありません。

 

よって、急ぎでお金を借りたくて収入証明書類を用意している時間がない、という方はアコムやプロミスに新規キャッシング申込みをするのも良いでしょう。

 

アコムやプロミスは、最短1時間の即日キャッシングができますのでスピード面で安心して申込みができる他、金利面でもお得なんです。

 

アコムとプロミスは初回の申込みならば、最大30日間の無利息キャッシングを利用することができるので、借りたお金の30日間分の利息を支払う必要がありません。

 

それまでのアイフルの借入分をアコムかプロミスで借り換えてしまえば、30日間分の利息がまるまる浮くことになりますので、アイフルで増額(増枠)をするよりも遥かにお得と言えるのではないでしょうか。

 

アコムとプロミスのカードローンは、おまとめ・借り換え専用のローンではないものの最大500万円まで借りることができるので非常に頼りになるカードローンです。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』はメガバンクの誇る銀行カードローンであり、非常に低金利で借入をすることができますよ。

 

増額Q&Aに戻る

 

imasia_7971502_XL

 

アイフルの増額の審査は甘い?それとも厳しいですか?

アイフルの増額(増枠)を検討している方の中には、増額(増枠)審査の難易度を気にされている方も多いのではないかと思います。

 

増額(増枠)審査が厳しいものでなければ、増額(増枠)審査も通りやすいものとなりますから、審査は厳しくないに越したことはありませんよね。

 

しかしながら、結論から申し上げるとアイフルの増額(増枠)は甘い、緩いということはありません。

 

アイフルの増額(増枠)は、初回の借入よりも多めにお金を借りるということになりますので一回めの審査よりも厳しいものになることが想定されるでしょう。

 

なので、増額(増枠)審査が通らなかった、という場合は、他の借入先を探すというのもアリかと思います。

 

では、新規の借入先としてはどこが良いのでしょうか。

 

大手消費者金融からお金を借りるか、それとも中小の消費者金融から借りるか、迷うところではありますが、まずは大手の消費者金融からの借入を検討するのがおすすめです。

 

中小の消費者金融の場合、良く知らないところに申し込んでしまうと、間違えて闇金融からお金を借りてしまうという危険性がありますので、中小の消費者金融に申込みをする場合は注意が必要です。

 

一方、大手消費者金融の場合、知名度も高いですし、多くの人が借りているため安心感がありますよね。

 

特に、アコムとSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスは、他の大手消費者金融や中小の消費者金融と比較すると、融資スピード、金利共にサービスが良いので、アイフルの増額(増枠)に失敗した場合は、こちらの2社のうちのどちらかでの借入をまずは検討した方が良いでしょう。

 

アコムは最短1時間の即日キャッシングができる上に、初回の申込みならば最大30日間無利息でお金を借りることができます。

 

また、楽天銀行口座があれば24時間振込融資もできますので、平日の夜や土日や祝日など休日に振込をして欲しいという人も便利に使えますよ。

 

プロミスもアコムと同様、最短1時間の即日キャッシングができますし、初回の申込みであれば30日間の無利息キャッシングができます。

 

また、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、24時間365日振込融資が利用可能です。

 

したがって、アコム、プロミスのどちらで借り入れをすればいいのか迷っている方は、持っている銀行口座によって申込み先を使い分ければ良いのではないかと思います。

 

増額Q&Aに戻る

 

アイフルの増額は土日や祝日も可能ですか?

土日や祝日など休日に、急きょ、アイフルに増額(増枠)をしてもらいたい、という場合もあるかと思います。

 

このような場合、アイフルは消費者のニーズに応えてくれるのでしょうか。

 

結論から言うと、アイフルの増額(増枠)は土日・祝日はできません。

 

アイフルは新規申込みを受付ている部署と増額(増枠)の審査を受付ている部署が異なり、増額(増枠)の部署は土日や祝日は休業しています。

 

よって、土日や祝日のような休日にアイフルの増額(増枠)をしてもらうことは不可能です。

 

では、土日や祝日など休日に緊急で融資をしてもらいたい、という場合はどうすれば良いのでしょうか。

 

選択肢の一つとして、アイフル以外の消費者金融から新たに借り入れをするという手もあります。

 

土日や祝日など休日でも借入ができる消費者金融としては大手消費者金融のアコム、プロミス、モビットなどがあります。

 

アコム、プロミス、モビットは自動契約機がありますので休日に申込みをしても審査に通過することができれば、自動契約機でカードを発行し、それぞれの消費者金融のATMやセブン銀行、ローソンなどのATMで借入をすることができるでしょう。

 

休日に借入をしたいならば、これらの消費者金融を頼るのもありですが、強くおすすめしたいのはアコムとプロミスです。

 

アコムは自動契約機(むじんくん)を利用してカード発行をするほかに、楽天銀行口座があれば休日でも24時間365日いつでも振込融資を受けることができますよ。

 

プロミスの場合、プロミスの自動契約機か三井住友銀行のローン契約機を利用すればカード発行ができますし、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば、こちらも24時間365日の振込融資を受けることが可能です。

 

したがって、自分の持っている銀行口座によって、申し込む先を選ぶとより利便性の高い借入ができるかと思います。

 

アコム、プロミスは共に最短1時間の即日キャッシングが可能、さらに初回の申込みならば最大30日間金利ゼロで借りることができますので、早く安く借りたい方におすすめです。

 

ちなみに、土日や祝日など休日に借入がしたい方で、アコムやプロミスよりも安くお金を借りたいという方は、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』もおすすめです。

 

バンクイックは、銀行カードローンとしては珍しく、テレビ窓口(自動契約機)があるので、休日に申込みをしてカード発行という借入方法を選ぶことができます。

 

金利も1.8〜14.6%と、非常に安いので少しでも安くお金を借りたい方にもうってつけの銀行カードローンと言えるでしょう。

 

バンクイックの審査に通過してアイフルの借入金をまとめて一本化してしまうことができれば、月々の返済額や総返済額を大幅に減らすことにも繋がるでしょう。

 

加えて、提携ATMの借入・返済手数料が無料なのもバンクイックの強みの一つです。

 

これだけ利便性の高い銀行カードローンが、安定収入があればアルバイトやパート、派遣社員、自営業の方でも借入できるというのは嬉しいですよね。

 

btn_shosai_banquick

 

増額Q&Aに戻る

 

imasia_9993034_XL

 

アイフルの増額の審査時間(期間・日数)はどのくらいかかりますか?

アイフルの増額(増枠)の審査時間(期間・日数)はどれくらいかかるものなのでしょうか。

 

大至急、増額(増枠)して欲しい!

 

このような希望をお持ちの方にとっては、増額(増枠)審査のスピードはとても重要ですよね。

 

結論から申し上げると、アイフルで即日の増額(増枠)を望むことは難しいと言えます。

 

アイフルの増額(増枠)審査は、通常、数日から1週間程度かかるので、「急にお金が必要になったら、今日中に限度額を増やしちょうだい」とお願いしても、その希望が叶えられることはないでしょう。

 

もし、即日に増額(増枠)をして欲しいのであれば、新規の借入先を探す方が建設的かもしれませんね。

 

消費者金融で増額(増枠)する場合は、即日では難しいというところが多いですが、新規の申込みであれば当日の借入も可能なところが多いです。

 

たとえば、大手消費者金融のアコムやSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスなどはその最たる例で、申込みをすると最短当日どころか最短1時間でお金を借りることができます。

 

よって、アイフルで借入をしているけれど、新たに当日中に追加融資をお願いしたいという場合は、アコムやプロミスで借入をするという選択肢もアリですよね。

 

アコムとプロミスは最短1時間の即日キャッシングが可能というだけでなく、初めての方限定で最大30日間の無利息キャッシングサービスもやっていますので、新規のキャッシングにはもってこいの借入先かと思います。

 

ちなみに、休日にアコムやプロミスでお金を借りる場合は、自動契約機を利用してカード発行という形になります。

 

最寄りの自動契約機に直接出向いても契約できますが、事前にインターネット申込みをしておく方が、仮に審査に落ちてしまったとしても自動契約機へ行く骨折り損がなくなりますので、ネットで申込みをし審査の回答を待つのが良いでしょう。

 

審査回答をもらってから自動契約機へ行けば、スムーズにカードが発行できますし、契約に必要な書類もあらかじめ確認しておくことができるのでおすすめです。

 

また、アコムは楽天銀行があれば、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があれば休日も振込融資ができるので、振込という手段で休日借入するのも良いかと思います。

 

アコムとプロミスは、プロミスの方が金利は上限金利、下限金利ともに0.2%ほど安いので、金利面を重視するならばプロミスの方がおすすめということになりますが、その金利分、アコムよりも審査が厳しくなりそう……という見方もできるでしょう。

 

よって、少しでも確実に審査に通って、即日融資をしてもらいたい場合は、アコムへの申込みをおすすめします。

 

余談ですが、アコムとプロミスは、次の借入先として申込みをすることはできるものの顧客の借入状況によっては審査に通らない場合がありますので、それについては認識しておいた方がよさそうですね。

 

増額Q&Aに戻る

 

アイフルの増額審査では在籍確認はありますか?

アイフルの増額(増枠)の申込みをする上で、在籍確認があるのかどうかは非常に気になることかと思います。

 

金融機関の借入審査の在籍確認は、通常、勤務先への電話連絡によって行なわれますので、会社の同僚や上司にお金に困っていることがバレたくないという方は注意が必要です。

 

ちなみに、アイフルの増額(増枠)審査では在籍確認が行なわれるのかどうかというと、こちらについてはケース・バイ・ケースとなります。

 

アイフルの場合、増額(増枠)申請をする前に勤め先が変わった、あるいは初回キャッシング契約を締結させてからある程度時間が経過している場合、再度、職場に在籍をしているか確認をすることが必須です。

 

どうしても自分の職場に電話連絡をして欲しくないという方は、他の消費者金融から借入をするのも良いかと思います。

 

たとえば、モビットならば、WEB完結申込みという申込み方法を利用すれば、会社と自宅へ電話連絡なし、郵送物もなしで借入ができますので、会社の人間や家族に借入を内緒にしておきたい方にはおすすめです。

 

ただし、会社への電話連絡なし、郵送物なしでお金を借りたいなら、アコムやプロミスの利用もありです。

 

アコムとプロミスは、原則として、在籍確認を会社への電話連絡によって行うのですが、顧客側に事情があり、どうしても職場に確認の電話をしないで欲しいという場合は、申込完了後すぐにご相談するという手段があります。

 

アコムとプロミスは、モビットのように審査の際に電話連絡がないことを前提として借入ができるキャッシング会社ではないものの、顧客の希望に少しでも沿うように親身になってサポートをしてくれる金融機関ですので、誰かに借入がバレることを心配することなくお金を借りることができるでしょう。

 

特に、アコムは在籍確認を書類で行ってくれるだけでなく、自動契約機でカードを発行すれば、カードと契約書類も自宅へ届かないため、親や配偶者に借入がバレたくない人にもうってつけです。

 

加えて、アコムとプロミスは初回の申込みならば最大30日間の無利息キャッシングサービスも利用ができますので、少しでもお得に借入がしたいという方は、まずはアコムかプロミスの利用を検討するのが良いかと思います。

 

アコムとプロミスは、融資スピード、金利とサービス内容はほぼ同じですので、持っている銀行口座によって借入先を決定するというのもアリです。

 

楽天銀行口座を持っているなら、アコムを利用した方が24時間365日振込融資ができるため便利です。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行口座があるなら、プロミスは24時間365日いつでも振込融資を利用してお金を借りることができますよ。

 

増額Q&Aに戻る

 

増額審査の結果連絡はいつ頃になりますか?結果連絡が遅くて困っています

アイフルの増額(増枠)審査の結果連絡はいつ頃になるのでしょうか。

 

結論から言えば、アイフルの増額(増枠)審査の結果連絡は、早ければ当日中に電話かメールで寄越されることになります。

 

ただし、最短ならば当日ですので、当日の審査の混雑状況によっては翌日や翌々日に回答ということもあるでしょう。

 

早く審査回答をして欲しいのに、審査結果の通知が遅くて困っている、という場合は、アイフルに直接問い合わせて聞いてみるという選択も有効です。

 

審査結果が早く分かれば、仮に審査に落ちたとしても、他の消費者金融からの新規借入を検討するなど、別の手段を講じることも可能ですよね。

 

ただし、審査結果が分からないままで、アイフルで増額(増枠)の審査中だというのに別の借り入れ先に申込みをしてしまうと、信用情報機関にその情報が行ってしまい、多重申込みブラックと判断される危険性がありますので注意しましょう。

 

もし新規の申込み先を検討しているならば、きちんと審査の結果を知ってから新たな申込み先に借入をすることが必須となります。

 

仮に審査回答で、融資可能、と判断されてたとしても、アイフルの増額(増枠)は数日から1週間ほどかかりますので、「それじゃ間に合わない!」という方は、やはり新規の借入先を探した方が良いでしょう。

 

とはいえその際も、新たな借入先の審査に通過したいのならば、きちんとアイフルの増額(増枠)をキャンセルする手続きを取っておくことが大切です。

 

繰り返しにはなりますが、複数申込みをしてしまうと、高い確率で審査に落とされてしまいますよ。

 

余談ですが、新規の借入先としてどこにキャッシングの申込みをしたら良いのか迷っている方は、アイフルと同じく大手消費者金融のアコムかSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスがおすすめです。

 

アコムとプロミスは、最短1時間の即日キャッシングができますので、融資スピードは業界でも最速です。

 

また、この2社は初めての利用ならば、最大30日間金利ゼロで借入ができるというのも非常に頼りになりますよね。

 

最短1時間の即日キャッシングができるのは、消費者金融多しといえど、アコムとプロミスだけですので、最速・低金利の消費者金融からお金を借りたいという欲張りな方はぜひ申込みをしてみてくださいね。

 

増額Q&Aに戻る

 

アイフルの増額は総量規制の対象外ですか?

アイフルの増額(増枠)は総量規制の対象となります。

 

したがって、自分の年収の3分の1を超える増額(増枠)はできません。

 

もし、年収の3分の1を超える借り入れがしたい、という場合は、総量規制の対象外となる銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

 

銀行カードローンは顧客の年収に対して無理なく返済していける金額であれば、年収の3分の1を超える金額でも借入ができるので、たくさん借りたい人も希望を叶えることができるでしょう。

 

さて。

 

銀行カードローンの中には、みずほ銀行カードローンや三井住友銀行カードローン、他にも地方銀行のカードローンなどいろいろありますが、その中でも最もおすすめと言える銀行カードローンは、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』です。

 

実は、このバンクイックは銀行カードローンの中でも特にすぐれたサービスを持つカードローンなんです。

 

まず、バンクイックのメリットとして、テレビ窓口を利用すれば最短40分の即日融資も可能であり、金利も4.6~14.6%と非常に低いということが挙げられます。

 

借入限度額についても10万円〜500万円までなので、小口融資から大口融資まで幅広いニーズに応えてくれるのではないでしょうか。

 

バンクイックのメリットは他にもまだまだたくさんありますので、バンクイックのサービス内容について詳しく知りたいという方は↑のリンクから詳細を確認してみてくださいね。

 

増額Q&Aに戻る

 

アイフルの支払いを延滞したら増額審査に落ちてしまうのでしょうか?

アイフルの支払いを延滞してしまった場合、増額(増枠)の申込みは審査落ちしてしまう可能性も高いです。

 

延滞が何度も続いてしまった場合、融資がストップしてしまうどころか、遅延損害金を支払わなくてはいけなくなる可能性もあるでしょう。

 

アイフルの返済を長期に渡って滞納してしまっている場合、信用情報機関によって延滞ブラックとして登録され、他の金融機関の借入審査も通らなくなってしまうので、延滞しそうという懸念がある方は何とか返済を続けられるようにするように努力することが大切かと思います。

 

ただし、努力だけでは延滞を回避できるものではありませんので、アイフルよりも低金利のカードローンを利用してアイフルの借金自体をまとめてしまうという手段も有効です。

 

たとえば、三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』なら、アイフルよりも金利が低いので、こちらでアイフルの借入をおまとめ・借り換えすることができれば、月々の支払いも楽になるでしょう。

 

バンクイックの金利は4.6〜14.6%であり、アイフルの金利は4.5〜18.0%です。

 

したがって、バンクイックで借り換えてしまえば、月々の返済額も大幅に減らせる見込みがあるかと思います。

 

バンクイックの審査は安定収入がある方であれば、アルバイトやパート、派遣社員や自営業の方でも通過する可能性がありますが、アイフルで延滞を続けてしまっていると、通る審査も通らなくなってしまうので延滞については注意が必要です。

 

なぜ、バンクイックを紹介したのかというと、こちらのカードローンは銀行カードローンであるのにも関わらず、融資スピードが消費者金融並みに早い銀行カードローンだからです。
アイフルの金利での返済が辛くて、毎月息も絶え絶えという方も、すぐに利用して返済額を減らすことが可能となる見込みがあります。

 

アコムやプロミスも最短1時間の即日キャッシングが可能であり、初回の利用ならば最大30日間の無利息キャッシングが利用できますので、こちらも一時的に返済額を減らすという意味ではおすすめですが、やはり、長期の返済を想定して借り入れをするなら、低金利のバンクイックの方がおすすめです。

 

いかがでしたでしょうか。

 

アイフル、バンクイック、アコム、プロミスと頼りになるカードローンはいろいろありますが、それぞれの状況に応じて借入するカードローンを選んでいくのがお得な借入のコツかと思います。

 

増額Q&Aに戻る