カードローン契約の必要書類といったら何がありますか?

カードローン契約の必要書類といったら何があるのか

カードローンの申込みというとなんとなく面倒臭いといったイメージがあります。

 

まとまったお金が必要なのに、カードローンを申込むのは書類がいろいろと必

 

要になり、それを準備するのも大変ではないかとため息をつかれる方もいるでしょう。

 

でも消費者金融でカードローンを申し込む際には提出書類の準備は必ず必要なものです。

 

なぜなら申し込まれた方が本当に返済能力はあるのかとか、信用のおける人なのかとか、安定した収入があるのかとか、当然貸す側も知る必要があります。

 

これは信販会社や銀行の借入れ申込みにおいても同様に必要であり、消費者金融にかぎった話ではありません。

 

むしろクレジットカードを作ったり、銀行で融資の手続きをしたりする場合よりも簡単で、提出書類も決して多くありません。

 

それにお金を今日中に必要となったら、まず必要書類を早急に準備する必要があります。

 

では申込みに必要な書類とはどんなものがあるのでしょうか。

 

具体的に挙げていきます。

 

まず本人確認書類です。

 

これは運転免許証が一番てっとりばやいです。たいてい手もとにありますから。

 

その他には各種保険証(国民健康保険とか健康保険証)、パスポート、住民基本台帳カード、個人番号カード、公的証明書類、在留カードなどが使えます。

 

もし引越しをして運転免許証に記載された住所と実際の住所が異なるのなら公共料金の領収書とか住民票の写しとかを一緒に提出する必要があります。

 

さてアイフルに申込む場合に、もし利用限度額が50万円以下ならとくに収入を証明する書類(たとえば給与明細書など)の準備は必要ありません。

 

もし50万円を超える場合とか他社から借入れがある場合は収入を証明する書類の提出を要求されます。

 

提出する書類は以下のような書類です。

 

源泉徴収票、確定申告書、給与明細書直近2ヶ月分、住民税決定通知書などが挙げられます。

 

給与明細書を提出する場合は注意しなければならないことがあります。

 

会社によって給与明細の書式もいろいろあると思いますが、もし発行年月・氏名・勤務先名・総支給額がはっきり書かれていないような書類や手書きの明細

 

だった場合は勤務先の社印あるいは社判が必要です。

 

ところで実際にアイフルが要求する収入証明書とはどんなものか、アイフルの公式なサイトから抜きだしてみます。

 

以下のいずれかのコピー1部(最新分のもの)をご用意ください。 ※原本をご提出いただく必要はありません。

 

※ご提出いただいた書類が不鮮明な場合は、再度提出をお願いすることがあります。

 

●源泉徴収票

 

「公的年金等の源泉徴収票」および「退職所得の源泉徴収票」を除く

 

●給与明細書

 

給与明細の直近2ヶ月分とは、今が1月であれば11・12月分となります。 ただし、1月分の給与明細書が既に発行されている場合は、12・1月分となります。 なお、地方税(住民税)の記載がある場合、直近1ヶ月のみの提出で可となる場合もあります。 ※賞与明細書(1年以内のもの)もございましたら、あわせてご用意ください。

 

●住民税決定通知書、納税通知書

 

住民税決定通知書は毎年6月頃お勤め先を通じて届く市区町村発行の『特別徴収税額の決定・変更通知書』など。

 

●確定申告書

 

税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

 

●青色申告決算書

 

税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

 

●収支内訳書

 

税務署受付印または税理士印があるもの、もしくは電子申告の受付日時、受付番号の記載があるもの

 

●支払調書

 

報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書

 

●所得証明書

 

市区町村役場にて発行のもの

 

●年金証書、年金通知書

 

年金以外に主となる定期的な収入がある方に限る (主な収入が年金のみの方はキャッシングサービスの対象外となります。)

 

以上です。

 

かなり細かいですが、ただ範囲が広いだけで全部必要になるわけではありません。どれかを持っていたらよいということになります。用意に手に入ると思います。