カードローン申し込みの方法が分かりません。むつかしいのですか?

カードローン申し込みの方法が分かりません。申し込みは難しい?

全然むつかしくありません。ただ当然のことながら申し込みするためにはいろいろな基準を満たす必要があります。

 

中学生でも借りられるわけではありません。

 

しかしながら消費者金融は条件がそう厳しくありません。面倒臭さもありません。クレジットカードを作るよりも簡単です。

 

さて条件面で言うと、まず年齢です。基本的に20歳以上で70歳未満です。2番目に安定した収入があること。3番目に返済能力があること。4番目にアイフルの基準です。

 

このアイフルの基準というのは残念ながら公表されていません。

 

たとえば自己破産した人が何年後なら再び借りられるようになるのかとか、外国人は本当に借りられるのか、いう点などアイフル(アイフルに限りません)の会社内の内部規定は公表されていないのです。

 

外国人は信用できないわけではありませんが、もし本国に帰られたのならそれでどうにもならなくなります。

 

さてこれらの4つの基準を見てみると、厳密に言えば学生が駄目とか外国人が駄目とか書いてありません。基準対象から彼らははずれていないのです。

 

つまり専門学校の学生でも遠くアフリカから来た外国人でも申し込めるということになります。

 

これは明確に条件外として書かれていない以上申し込めるということになります。

 

アイフルが内部規定では対象外としているかもしれませんが、表向きにはそう書かれていませんから、ここでは可能としておきます。

 

さて、ではどこで申し込むのかという点に入っていきましょう。

 

まず店頭です。アイフルの店舗に行って申し込む方法です。

 

これが一番ノーマルなスタイルです。

 

窓口で担当者と話をしながら、申込みの手続きをします。

 

これはマンツーマンですから、もっとも分かりやすく無難な方法です。

 

それにこの方法だと窓口でその場でカードをもらうことができます。

 

二番目の方法としてアイフルの無人の契約ルームに行くことです。

 

これは全国に設置されていますから、自分の住んでいる街のどこにあるのか調べる必要があります。ネットでも店頭でも電話でも知ることができます。

 

三番目の方法としては電話で申し込むことができます。

 

これははじめて申し込む方・女性専用・会員専用と三つの窓口があります。

 

四番目の方法としてはインターネットによる申込みの方法があります。

 

この方法で24時間いつでも申し込むことができます。パソコンやスマホなどから申込みが可能です。そのまま契約終了まで手続きをすることができます。

 

ただカードの発行は郵送になります。これではその日にお金がおろせないことになります。

 

カードがすぐにほしい場合はやはり契約ルームか店舗におもむく必要があります。そこでカードを受け取ることができます。

 

これらの申込みはやはり事前にどういう必要書類が必要なのかをアイフルに電話して確認するか、ネットで調べるかして、申込みの前に準備して持参することがもっとも早くカードを手にする方法です。

 

申込む人によって収入証明が必要になったり、あるいは必要でなかったりします。