アイフルは専業主婦でもお金を借りられますか?

アイフルは専業主婦でもお金を借りれるか

専業主婦は利用できません。安定収入がないと、返済能力があるとみなされないのです。

 

これは当然専業主婦に限らず、安定した収入があるかないかという点自体が重要なファクターなのです。 しかしながらよく考えてみると、主婦は生活のためにもっともお金を必要とする立場にあるともいえます。 生活費のやりくりをしているのは主婦なのです。 そういう主婦を貸しつけの対象にしていないのはおかしいといえばおかしいのですが、やはり消費者金融も相手の収入を見ます。収入がなければ返済能力がゼロなのです。 もし主婦でお金を必要としているなら、まず自分自身でパートなりアルバイトなりしてその収入でお金を得ることのほうが優先順位は高いのではないでしょうか。 そしてパートなりアルバイトをしていたら、収入があるということで消費者金融からお金を借りる道も開けてきます。 さらに働いている期間が長いと、それだけで安定したがあるということになり

 

ますから、これは大いに審査にプラスになります。 ただ男性がパートをしたりアルバイトをする場合と違って、主婦としての立場がありますから、パートやアルバイトをしていても消費者金融の借入れを申込む際にすこし工夫が必要になります。 よく考えてみると、主婦には配偶者がいます。収入のある人がそばにいるのです。 これは強い味方ではないでしょうか。 消費者金融に審査をしてもらう場合は当然配偶者のいる主婦として申込書に記入して、扶養家族のところはできれば無しにしたいものです。 扶養家族が多いと、生活費も多いとみなされて返済能力を疑問視されます。 当然扶養家族はゼロのほうがいいのです。 アイフルの申込書を見たら分かりますが、利用目的を記入する項目があります。 以下のように書いてあります。 生活費・レジャー・冠婚葬祭・物品購入・旅行費用・引越費用 教育資金・事業資金・その他( ) これを見ると、生活費を使途に選ぶと少しまずいのではないでしょうか。 いかにも生活が苦しいとみなされます。 そうなると返済能力まで疑問視されます。

 

この項目を選ぶのも印象を悪くするでしょう。 無難なのは急な出費の部分です。 つまり旅行費用とか冠婚葬祭などが無難ではないでしょうか。 そしてその他の欄がありますが、ここにギャンブル系の出費と記入するのはさすがによくないと思われます。 この利用目的の欄は審査としてこれだけで落ちるということもないでしょうが、無難に選ぶにこしたことはありません。 総合的に言うと、勤務先、雇用形態、年収、勤続年数、居住形態、家族構成といったものが点数式で評価されるということになります。 専業主婦がパートをしたり、アルバイトをする場合、できることといえば勤続年数を長くすることとと収入を少しでも増やすことくらいでしょうが、そういったものも評価の対象ですから、日ごろから実績を作ることが重要です。

 

ただご参考に、女性の場合お金を借りる方法として少し有利な方法があります。

 

それは何かというとSuLaLiというレディスキャッシングです。これは女性専用で、借入れ限度額も10万円と本当に小額ですが、小額なだけに審査もゆるく、もしこの範囲内の借入れをしたいのなら、SuLaLiを利用することをおすすめします。